METIS NDR-RK61 の設定

▼このメカニカルキーボード設定
https://amzn.to/3v4qLai

マルチメディアショートカット
  • Fn+F1 コンピュータ
  • Fn+F5 前のトラック
  • Fn+F9 ボリューム+音量
  • Fn+F2 ブラウザ
  • Fn+F6 再生/一時停止
  • Fn+F10 ボリューム
  • Fn+F3 電卓
  • Fn+F7 次の曲
  • Fn+F11 ミュート
  • Fn+F4 プレイヤー
  • Fn+F8 停止
  • Fn+F12 計算機
ファンクションキー
  • Fn+Q/W/E/ Bluetooth デバイスのストレージ接続を 3 グループサポート
  • Fn+Del 長押し 3 秒間 工場出荷時の設定に戻す
  • Fn+↑ バックライトの輝度を上げる
  • Fn+Prtsc 17 種類のバックライトエフェクトを循環させる
  • Fn+Win Win キーをオフ/オンにする
  • Fn+↓ バックライトの輝度を下げる
  • Fn+scrlk 3セットのカスタムバックライトスイッチングをサポート
  • Fn+← バックライト速度を下げる
  • Fn+一時停止 カスタムバックライトの記録
  • Fn+→ バックライトの速度を上げる
バックスイッチ
  1. キーボードをUSBケーブルで接続した場合、背面スイッチの設定は不要、OFF/ONが可能、Bluetoothや有線でも使用できますが、対応するモードに切り替えてください。
  2. USBが接続されていない状態でキーボードを使用する場合は、バックスイッチがONになっている必要があり、Bluetoothのペアリングが完了している必要があります。
  3. 充電時にはバックスイッチの設定が不要で、OFF/ONが可能で、充電中も普通に使えます。
Bluetooth/有線設定

Fn+Tab Bluetooth/USB有線モードスイッチ

Fn+タブを押して、光が数回点滅したときにスイッチを切り替える。
USB接続を使用したら、有線モードに切り替えてください。
Bluetooth接続を使用したら、Bluetoothモードに切り替えてください。
そうでなければキーボードが正しく動作しません。

Fn+P Bluetoothペアリング接続

Fn+Pを3秒間長押しするとBluetoothペアリングモードになります。
ペアリング中はPキーが連続的に点滅し、ペアリング終了時にはPキーの点滅が停止します。
Bluetooth のペアリングの前に、Bluetooth モードに切り替えて下さい。
そうでなければこの機能は無効です。

Fn+Q/W/E Bluetoothデバイス切り替え

Bluetooth 機器との接続を3つ保存できます。
接続するときライトは数回点滅し、切替が成功していることを意味します。

Bluetoothペアリングの詳細な方法

  1. キーボードの背面にあるスイッチをオンにすると、ステータスがONになります。
  2. 初回使用時のデフォルト状態はBluetoothモードですが、現在のモードが有線の場合は、まずFn+TabでBluetoothモードに切り替えてください。
  3. Fn+Q/W/Eで接続するBluetoothモードのグループを選択し、この時点でFn+Qなど、フルキーのバックライトが数回点滅し、スイッチが成功した場合は、キーボードがBluetoothモードに入っていないことを意味しない応答は、Bluetoothモードに切り替えるには、再度ステップ2を繰り返してください。
  4. Fn+Pを長押ししてBluetoothペアリングモードに入り、この時、Pキーが連続的に点滅します。
  5. コンピュータ/携帯電話のBluetoothを開き、検索して “RK bluetooth keyboadr “という名前のデバイスを接続します。
  6. 首尾よく接続して下さい、P のキーは完了する点滅を停止します

そして、上記の手順を繰り返すと、Q/W/Eに3台のBluetooth機器を収納でき、いつでも切り替えができるようになります。

バックライト設定

FN+PRTSC バックライトエフェクトスイッチ

17種類のバックライト効果を切り替え可能
順に:コンスタントライト、ブレス、ストリーム、ドロップ、リングランナー、レインドロップ、リップル、スター、ワンワードランナー、斜めアップランナー、左右交互、シングルクリックオン、シングルクリックオフ、ウェーブ、リングブルーム、ワンワードブルーム、スプリット

カスタムバックライト

RALPH LAUREN POLO Fn+Scrlk 3グループのカスタムバックライト切り替えをサポートします。
この機能はカスタムバックライトの3セットを切り替えることができます。

Fn+一時停止 カスタムバックライトの記録

  1. まず、Fn+Scrlkでカスタマイズするバックライトのグループを選択します。
  2. Fn+Prscを押してバックライト記録モードに入り、この時点でキーボードのインジケータライトはバックライトが記録し始めたことを示して点滅し続けます。
  3. バックライトを記録したいキーを押して(1回押して点灯し、再度押して消灯)、このステップを繰り返してバックライトを記録します。
  4. 終了したら、もう一度Fn+Prtscを押して保存し、バックライト録画モードを終了します。

以上の手順を繰り返して、3種類のカスタムバックライトを記録し、Fn+Pauseでいつでも切り替えられるようにします。

バックライトの明るさ・速度設定

Fn+↑ バックライトの明るさアップ

最高のピークに調節するとき調節の 5 つのレベルは、表示器最高の明るさが達したことを示す 3 回連続的に点滅します

Fn+↓ バックライト輝度低下

調整の5つのレベルの合計は、バックライトをオフにするためのサポートは、最小のピークに調整し、インジケータは、最小の明るさ(バックライトオフ)であることを示す3回連続して点滅します。

Fn+← バックライトの速度が低下

5 つの調節の合計は、最低のピークに、表示器が最低速度であることを示す 3 回連続的に点滅します調節します

Fn+← ダイナミック変化速度アップ

最大ピークに合わせて調整すると、インジケーターが3回連続で点滅し、最高速度を示します。

その他の設定

Fn+Win ロック/ロック解除

キーボードを使用する過程で、誤ってwindowsキーに触れないようにするために、Fn+Winでwindowsキーの機能を無効化/有効化することができます。

Fn+Del 工場出荷時の設定に戻す

Fn+Delで工場出荷時の設定に戻すことができ、以前に接続していたBluetoothデバイスやカスタムバックライトなどがクリアされます。

充電方法
  1. 通常のご使用を確保するため、初めてご使用になる場合は充電をしてからご使用ください。 持ち運びの際は、製品背面のスイッチをOFF状態にして節電してください。
  2. 力が低いとき、Fn のキーのバックライトは絶えず点滅します、この時充満のための充電器を接続して下さい。
  3. 充電するときは、5V 1Aよりも大きくならないように注意してください、またはパソコンのUSBに直接差し込んで充電することができます。
  4. 充電するときは、スペース赤ランプは、常にオンになっている、フルオフ、約3時間フル、充電を加速するために5V1Aよりも大きい充電器を使用しないでください、そうでなければ、バッテリーの寿命は、いくつかの損傷と影響を持っています。
スポンサーリンク